FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空想の腕 (拡張精神世界)

別に新しいやり方発見した!とかじゃなくてきっとみんな似たような事けっこうやってるんだろうけど言うまでもない、みたいな感じになってるところを掘り下げて記録していきたい
ネタも無いし。

部分ダイブ 、と言うか 空想の腕とか空想の体って呼んで愛用してる技なんですけど身近に居たタルパーさんが知らないっぽかったので開示してみます。


イメージ図
20161216091632f43.jpg


青い所が擬似ダイブ界みたいな空間で、限りなく現実世界に近いがなんでもありなエリア。
少しハルヒの閉鎖空間っぽいかもしれない

黒い線で描いてあるのは現実。
タルパも黒で描いてあるけどこれも広義では現実の範囲内だと思うの

赤い線で描いた所は非現実の世界に干渉した空想の産物。腕だけとかは特に良く使う
寝転んでても上体だけ起こしたりとか


単なる空想の腕でもいいんだけどかっこつけて部分ダイブって呼んでみてるのは現実と認識してる範囲を広めに取ってるからなのと、一応ちゃんと脱力して感覚抜いてからやるので触覚化やダイブ時並の感覚だから
歩きながら使うとかだと感度弱い、形だけのイメージになっちゃうのもご愛敬。


荷物多い時とか寒くてポケットから手出したくない時とか人目をは憚っちゃう時なんかに重宝してます

目は瞑ってても開けててもどっちでも
瞑ってる方が深度は深まるけど現実からの反映度に影響が出ると思う

タルパが荷物とか人とかその他オブジェクトを貫通するのはそれがデフォなお宅ならそれでいいと思うけどなるたけ貫通させたくないと思ってる人に。
(でもおそらくそういう人は現実と空想の境界意識が私と違うだろうからこの方法好まなさそう)

これの良い所は自分自身をもタルパのようにソラで動かせること。
ダイブとか精神世界の亜種みたいなもんだからぶっちゃけなんでも出来るんだけど現実世界準拠にして適度に不便さを感じるのがコツ、と言うか醍醐味だと思う


〈使用例〉
・寒い日に温感感覚化不十分系タルパーでも暖かく手を繋げる(手袋貫通させる派はきっとこれの範囲内)

・電車で膝に乗せて後ろから抱きしめたい時

・夜、狭いお布団の真ん中で仰向けに寝てても空想の体は横向きで向かい合って並んで寝れる

・触手とか尻尾とか生やしてる系ご主人やタルパからは常時別の姿に見えるようになってる系タルパーもおそらくこれの範疇。


※当記事内での呼称は自分の世界観での呼称だからたまたま当てはまってて これも範疇。とか言われたからって文句言って来ないで各自楽しく生きてね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コルク芯

Author:コルク芯
コルク芯といいます。

空想に生きる20代男性です
よろしくお願いします。

また当リンクはタルパ・IF・人工精霊などに関係している方はフリーになります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。